食事のマナーのよい女性は、育ちもよく見えます。

スポンサーリンク

わたしたちは、一日3回必ず食事をします。
食事のマナーひとつで、モテる女性か、モテない女性かが決まってしまいます。
言い換えれば、食事のマナーはそれほど重要なのです。
食事のマナーというと、なにか特別高級なレストランにいった時のことをさすような気もしますが、実はそうではありません。
このマナーというのは、一緒に食事をする人が気持ちよくまた、料理を作ってくれた人に対する感謝の意味も含めた日常に用いられるものなのです。


それでは、基本的な食事のマナーをおさらいしてみましょう。
みなさんできていると思っていることが、意外とできていなかったりするものなのです。
モテる女性を目指して、本気で見直しにとりかかりましょう。
それではまず、座り方からです。
背筋をまっすぐにのばし、深くいすに座りましょう。
おなかとテーブルにちょうどこぶしがひとる入るくらいがいいでしょう。
ひじをついて食べてはいけません。
これは日本だけでなく、万国共通のマナーになります。

スポンサーリンク

また、口の中にものをいれながらぐちゃぐちゃするのはやめましょう。
とっても見ていて残念に思ってしまします。
しかし、まったくしゃべらずに食事をするというのもよいマナーではありません。
ご存知のとおり、お箸にはさまざまな禁止事項があります。
代表的なものでは、ねぶり箸といって箸についたものをなめる行為。
ものをさして食べる刺し箸もよいマナーとはいえません。
食事中に箸で人を指してもいけません。


このようにほんの一部だけをご紹介していますが、じつにいろいろなものがありますよね。
食事のマナーのよい女性は、それだけでモテること間違いありませんが、品もよく育ちがよく見えるのもたしかなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加