さりげなく洋服を調えてあげるとモテる!

スポンサーリンク

男性の友達でも男性の知り合いであっても、もしも洋服がみだれていたり、洋服にごみがついていたりした場合には、積極的に整えてあげているでしょうか。

 

たとえば、肩や背中などに洋服の糸くずがついていたら、そっととってあげる。
大事な席でネクタイが曲がっていたなら、真正面を向ききちんと直してあげる。
食事会、飲み会の場で、お座敷にあがるときに脱ぎっぱなしの靴があったら、何もいわずに直してあげる。
このように「さりげないお世話」ができるでしょうか。


男性は、心のどこかで、なにげない心遣いができるお姉さんタイプに憧れているようなのです。
これらのしぐさは気づかれないうちにやるということがみそなのです。
このようなことができる女性は、モテることのは間違いありません。

スポンサーリンク

長い目でみて、結婚したときのことを考えてみましょう。
男女平等の世の中だとさけばれてはいますが、やはり結婚したら男性は女性に身の回りのお世話をしてほしいと思っているようなのです。
お世話好きということは、やはり将来のよき妻・よき母を連想させることは間違いありません。


しかし、世話焼きというのは一歩間違えると、ただのおせっかいになってしまうのです。
とくに、「やってあげている」という押し付けがましい態度はやめましょう。
また、男性に対して、「できないからかわりにやってあげる」という相手を見下した態度もいけません。
もしかしたら結婚するまでは、このゆうな気持ちがおきないかもしれませんが、結婚するまえでも、結婚後であっても気をつけるようにしましょうね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加