お酒は弱くても強くても楽しく飲むことが一番!

スポンサーリンク

「お酒の弱い子は男性にモテる」と聞いたことがあるかと思いますが、それは本当でしょうか。
お酒に弱い子というと、なんとなくかわいらしい印象があるでしょう。
しかし、実際合コンの席で「どうぞ」と誘われたときに「わたし絶対に飲めません」といわれた男性はどうでしょう。
せっかく誘ったのに断れていたということで、その後の会話がはずまなくなってしまう可能性があります。


お酒は飲めないのはしょうがないにしても、ちょっとだけでもたしなんでみましょう。
そこから共通の話題で話が盛り上がったり、今まで飲めないと思っていたお酒をおいしいと感じたりと、新しい世界が広がるかもしれません。
男性に側からみても、苦手なものに挑戦しようとしている姿はかわいくうつることは間違いありません。

スポンサーリンク

また、逆にお酒が強いから男性にモテないということも決して間違いではありません。
お酒好きの男性でしたら、一緒にお酒に付き合ってくれる、ある程度お酒に強い女性を好むでしょう。


ですから、結論としては、お酒が弱くても、強くても一緒に楽しく飲めるということのほうが、重要です。
ただお酒に関しては、気をつけたい点もあります。
男性がいる場では、女友達と飲みに行くときと同じ量を飲んではいけません。
酔いつぶれてしまったり、気分が悪くなってしまったりしては、その場の雰囲気を台無しにしてしまします。
後で、覚えていないといっても後の祭りとなってしまします。
泣き上戸の方、飲むと愚痴っぽくなり、人に説教したくなってしまう方は要注意です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加